ブラフ団<small>(TOSHI-LOW×KOHKI×内田勘太郎)</small>

ブラフ団(TOSHI-LOW×KOHKI×内田勘太郎)

STAGE via 22:45-

ブラフ団(TOSHI-LOW×KOHKI×内田勘太郎)
2017年、内田勘太郎が横浜THUMBS UPで定期的に開催しているセッションライブ「YOKOHAMA MEETING」へTOSHI-LOW、KOHKIがゲスト出演。この時にTOSHI-LOW×KOHKI×内田勘太郎で「ブラフ団」結成。
8月の【オハラ☆ブレイク ‘18夏】【渋谷 LOFT HEAVEN】に続き「ブラフ団」名義での三度目のライブとなる。


TOSHI-LOW・KOHKI/BRAHMAN
1995年、東京にて結成。メンバーは、TOSHI-LOW(Vo)、KOHKI(G)、MAKOTO(Ba)、RONZI(Dr)。NACオーガナイザーを務めるOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDに全員が参加している。ハードコアと民族音楽をベースにしたサウンドで、パンク / ハードコアに留まらず、ロックシーンの先頭を走り続け、国内だけでなくアジアやヨーロッパでもライブを行う。2011年3月11日の東日本大震災以降よりライブ中にMCを行うようになり、震災の復興支援を目的とした活動を積極的に展開、今も様々な形で支援を続けている。
2015年7月4日に箭内道彦が監督を務めるドキュメンタリー映画『ブラフマン』が公開。8月12日に20th Anniversary Album『尽未来際』を発表した。2018年2月7日に5年振りとなるニューアルバム『梵唄 -bonbai-』を発表し、その2日後の2月9日には、自身初となる単独での日本武道館公演『八面玲瓏』を開催。6月13日にはこの模様を納めたDVD / Blu-ray『八面玲瓏』を発表した。


内田 勘太郎
1970年憂歌団結成。1975年、そのリードギタリストとしてレコードデビュー。ブルースを基調にした独自の世界で全国を席捲し、熱狂的な人気を誇った。その天才肌のギタープレイの評価は高く、日本を代表するギタリストとして名を馳せる。カルピスの瓶首を使ったスライド奏法も有名。数々の有名アーティストとのセッションやレコーディング、CM音楽なども多数手がける。
1998年、アルバム『マイ・メロディ』でソロデビュー。2016年リリースの通算8枚目のソロ・アルバム『DEEP BOTTLE NECK GUITAR』を機に、15歳の時に始まったブルースの旅は半世紀近くを経てデルタブルースに回帰。今年5月にソロデビュー20周年を迎え、初の自伝的エッセイ集「内田勘太郎 ブルース漂流記」をタイトルにソロデビュー20周年Anniversary Liveを全国各地で開催中。

BRAHMAN Official Site http://brahman-tc.com
内田勘太郎 Official Site http://www.uchidakantaro.com

NAC MAN
NAC MAN

ACO CHiLL CAMP TICKET

 TICKET